どんなときもWi-Fiの料金・解約

【本当に損しない?】どんなときもWi-Fiの料金プランの詳細と悪い点を徹底解説

更新日:

 

こんにちは。

どんなときもWi-Fiは完全無制限のWi-Fiで、スペックも良いのでかなり気になりますよね。

でも、そこまで条件が良いと、

  • 「実はめちゃくちゃ料金が高いのでは・・・?」
  • 「契約プランに何か大きなデメリットがあるのでは・・・?」

と思ってしまいます。

 

どんなに性能が良くても料金がバカ高かったらに契約はできませんよね。

そこで今回は、どんなときもWi-Fiの料金プランや、手数料などが実際にどれくらいかかるのかを解説していきます。

 

本当に損しないか?デメリットなども紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

 

どんなときもWiFiのプランはかなりシンプルでわかりやすい

どんなときもWiFiを検討している人の多くが気になるのは、料金プランですよね。

この手のWi-Fiサービスは料金プランがかなり分かりにくいことも多く、契約する前は結構不安だと思います。

実際、「どんなプランがあって料金はどれくらいなの?」と悩むと思うので、どんなときもWiFiの料金プランをご紹介します。

 

どんなときもWi-Fiの料金プランは「使い放題」の1つだけ!

実は、どんなときもWiFiのプランってごくシンプルなもので、何種類もの料金プランは存在しません。

たった1つしかプランはなく、シンプルな2年間定額制を採用しています。

今までのWiFiプランの場合、いついつまではいくら、とか、プロバイダによってかなり金額が違うなど、「一体何を選べばいいの?」と悩んでしまっていたと思います。

 

でもどんなときもWiFiであれば、使い放題プラン1つなので、プランを選択する手間も、考えをめぐらす時間も必要ないんですね。

小さな文字で書かれているような、落とし穴にはまる心配もないので安心ですよね

 

どんなときもWiFiの特徴は、以下の2点です。

 

・使い放題プランのみでわかりやすい

どんなときもWiFiは、完全に使い放題という部分が魅力的な特徴です。

ほかのモバイルWiFiでも同じでしょ?と思うかもしれませんが、実はちょっと違うんです。

他社の場合、使い放題以外にも7GBプランや追加料金が発生するような場合もあります。

ですが、どんなときもWiFiだと、プランは1つで使い放題のみです。

さらに、完全に使い放題なので条件や追加料金が発生するということもないので、安心して利用することができます。

 

2年間定額制の期間・料金の詳細

どんなときもWiFiは2年間ずっと同じ料金の定額制を採用しています。

支払方法によって、少し金額が変わりますが、2種類あります。

 

  • クレジットカード払いの場合:2年間ずっと月額3,758円(税込み)
  • 通帳からの口座振替場合:2年間ずっと月額4,298円(税込み)

(※口座振替の場合は、ここに+216円の手数料が加算され、合計4,515円になります。)

 

ほとんどの方がクレジットカードでの契約と思うので、月額3,758円を見ておけばOKです。

普通持ち運びWi-Fiを契約すると、4,000円くらいは軽くかかってしまうので、この料金はかなり良い感じですよね。

 

3年目は値上がりするから注意が必要

一点だけ注意点があります。

それは、3年目の料金が上がってしまうということです。

料金は次のようになっています。

 

  • クレジットカード払いの場合:3年目以降は月額4,298円(税込み)
  • 通帳からの口座振替場合:3年目以降は月額4,762円(税込み)

(※口座振替の場合は手数料として+216円が加算)

 

どうして3年目に値上がりするのかというと、

実はどんなときもWi-Fiは最初の2年間、2年割という割引を全ての人に適用させた結果、税込み3,758円になっているんですね。

(2年割引の内容は、クレカの人は930円引き。口座振替の人は430円引きです。)

それが、3年目には切れてしまうので、このような料金体制になっています。

 

「なんだ!定額じゃないじゃんよ!」と思うかもしれませんが、心配はいりません。

というのも、どんなときもWi-Fiは契約期間が2年なので、値上がりする前に解約することができます。

期間中は常に一定しかお金がかからないので、この点は安心ですよね!

 

あまり多くの料金プランがあると、何が自分に最適なのかよくわからないですし、失敗したなと思ってもそう簡単に変えられるものでもありません。

なので、わかりやすさがどんなときもWiFiの魅力の一つだと言えます。

 

どんなときもWi-Fiは、初月は日割り計算!

この手の月額サービスを契約するときには、初月の料金はどうなるのか?

と疑問に思いますよね。

もし契約月から月額3,758円を取られる(満額)なら、月始めに契約したほうがお得ですから。

 

でも、どんなときもWi-Fiは日割り計算という制度を取っているので、そこらへんは気にする必要がりません。

初月は使った日数分だけの額しかかからないということですね。

いつ契約しても損はしないので、大丈夫です。

 

ただ一点だけ注意点があります。

日割りの起点が、端末が自分の手元に届いてからではなくて、端末が出荷された日からを日割りで計算します。

出荷から家に届くまでに1日かかった場合は、1日分の料金を損する形になってしまうので、ここは残念なところです。

(とはいえ、1日分の料金は100円ちょっとくらいなので、あまり気にする必要はないかもしれませんが)

 

ちなみに、どんなときもWi-Fiの引き落としは「リンクライフ」という会社

どんなときもWiFiを運営している会社である株式会社グッド・ラックは、オールコネクト社の子会社です。

同じオールコネクト社の子会社に、WiMAXプロバイダ最大手の株式会社リンクライフがあります。

そのため、WiFiに関しては非常に実績のある会社となっているので、信頼して良いです。

 

どんなときもWiFiって本当にお得なの?WiMAXとプランを比較!

どんなときもWiFiは2019年3月からサービス開始となったまだまだ新しいWiFiサービスです。

なので、いろいろ改善点があるのでは?と思うかもしれませんが、老舗のWiMAXと比較してみるとメリットデメリットがわかるのではないでしょうか?

いろんな側面から比較してみます!(WiMAXは、最安のGMOというプロバイダの情報を載せています。)

 

どんなときもWi-FiとWiMAXの料金プラン比較
サービスどんなときもWi-FiWiMAX
プラン使い放題ギガ放題ライトプラン
月額3,758円3,722円準備中
通信制限なし3日で10GB月間7GB
追加料金なしなしLTEモード利用で月額+1,000円
縛り2年3年2年

 

GMOWiMAXは確かにめちゃくちゃ安く、使い放題プランの中では最安と言われています。

でも、こうやって見るとどんなときもWi-Fiも全然引けを取ってないですよね。

 

 

WiMAXには、ライトプランとギガ放題という2種類の料金プランがあります。

ライトプランは2年目まではと非常に安いですが、月間7GBと制限があります。

ギガ放題は最初の2ヶ月だけキャンペーン金額で、3ヶ月目から2年目まではこの金額、と小刻みに金額は変わりますが、月間の制限はありません。

ただし、通信混雑を避けるために3日で10GBを超えた場合は4日目に通信制限が発生します。

WiMAXを利用している人の多くは、ギガ放題を利用していますが、WiMAXは必ず3年契約と決められているので注意が必要です。

 

ギガ放題の場合は、WiMAX(GMO)でキャッシュバック込みで月額3,447円です。

どんなときもWiFiも月額3,480円なので、似たような金額ではありますが、3日で10GBの条件もありませんし、上限も決められていないので使いやすいですね!

 

どんなときもWiFiは初期費用も超シンプル

どんなときもWiFiを利用する際の初期費用に関してご紹介します。

月額料金がいくらかかるのかは分かりましたが、初期費用がめちゃくちゃかかる・・・。となっては嫌ですからね。

 

どんなときもWi-Fiの初期費用は、事務手数料と送料しかかかりません。

 

事務手数料だけかかる

事務手数料は初回のみ、3,240円(税込み)です。

これは基本的には他のWi-Fiを契約してもかならず3,000円がかかるので、しかたないと諦めるしかありません。

 

最初の月は、ちょっと日割り+事務手数料の3,240円が請求されるということですね。

 

工事費不要や送料は無料

どんなときもWiFiは、ルーターを設置するわけではないので、特に工事が必要なわけではありません。

工事がいらないので、当然費用もかかりまん。

 

これは持ち運びWi-Fiのメリットの一つで、引っ越しが多い環境の人でも気軽に利用することができますよね。

家にルーターを設置するタイプ場合は、引っ越す度に対応しているかを確認しなくてはいけませんから。

どんなときもWiFiを持っていたら、どこでもいつでもサービスが開始できるのはとってもいいことですよね。

 

また、送料も完全無料で配達してくれます。

こういった細かい費用が別途でかからないのは、有難いですよね。

 

どんなときもWiFiの端末「D1」は完全無料のレンタル

どんなときもWiFiはU2sという端末を利用します。

 

どんなときもWiFiの端末は、レンタルとなるので自分で買取するわけではありません。

契約時に無料端末を貸し出してくれるようなかたちです。

レンタル料金も不要なので、端末のお金のことは考えなくてOKです。

 

中には割引などによって端末代を打消しにしているという会社もありますが、どんなときもWi-Fiは完全に無料です。

打消しの方は支払いが複雑になるというデメリットがあるんですが、どんなときもWi-Fiはシンプルにシンプルに設定されていますね。

 

また、機種は1種類しかないので、端末によって料金やスペックが違うということもありません。(カラーは2種類から選べる)

 

ただし、端末は解約時には返却が必要

どんなときもWiFiの端末はレンタル商品なので、解約の時には必ず返却する必要があります。

注意点として、返却した時に端末が故障しているもしくは期日までの返却をしなかった場合は、損害金18,000円を請求される可能性があるんですね。

これは結構デメリットです・・・。

 

賠償金額がだいぶ痛いので、期日を守ること・端末は大事に使用するようにしましょう。

 

どんなときもWiFiのオプション選択はどうすればいいのか

どんなときもWiFiは、そのままでも十分に使用可能ですが、オプションを付けることができます。

  • 充電器
  • あんしん補償

この2点です。

 

どんなときもWiFi専用充電器

WiMAXもそうですが、通常端末充電器というものが必要になります。

そのため、どんなときもWiFiにも初月のみ料金が発生する専用の充電器が1,800円(税抜)でオプションとして販売されていますが、正直不要です。

 

なぜなら、USBを挿すことができるACアダプタさえあれば充電できてしまうからです。

スマホを持っている人ならほとんどの人が持っていますし、もしも持っていなかったとしてもインターネット通販や100均などで数百円で販売されています。

なので、オプションで提示されているからと言って、充電器を購入する必要はないですよ。

 

あんしん補償制度

どんなときもWiFiには、端末が万一故障したとか水没したなんてときにも新しい端末もしくは中古Aランク品との交換をしてくれる、補償がオプションであります。

あんしん補償は、契約途中から加入することができないので、注意してくださいね。

 

とはいえ「補償って本当に必要?」と思うかもしれませんよね。

使い始めはほとんど問題なく使用することができると思います。

ただ、年数が経ってくるとどうしても故障しやすくなりますし、万が一何かの拍子に落として壊れる!なんてこともありえます。

そんな時にあんしん補償に入っていたら、新品もしくは中古Aランク品に交換してくれるんですね。

 

なので、機械類を壊しやすい・なくしやすいという方は入っている方が安心かもしれません。

 

あんしん補償の料金!初月は無料

あんしん補償の料金は、月額432円(税込み)です。

初月無料なので、まずはお試しで加入して様子を見る、というのも1つの手ですよ。

あんしん補償の場合、後からの加入や再加入をすることはできませんが、途中解約はいつでもOKです。

 

とりあえず最初は入っておいて、いらないなと思ったら外すのが一番いいと思います。

 

補償適用外の条件や、中古品との交換について

あんしん補償の場合、破損や故障状態によって新品と交換してくれるものと中古品と交換になるものと違いがあります。

どんなものが中古品なのか、というと水没・全損での補償の場合です。

それ以外はすべて新品と交換してくれるので、かなり安心ですよね。

また、一度補償による交換を利用してから半年以内に再補償を受ける場合は、有償交換になるかもしれません。

その場合は、18,000円費用が発生するので大事に使いましょうね。

 

あんしん補償の交換適用外となるのは、利用者の改造による損害・盗難や紛失・使用による色落ちなどです。

ただ、有償で交換は可能です。

 

どんなときもWiFiのキャンペーンは?キャッシュバックやクーポンってあるの?

どんなときもWiFiのキャンペーンやキャッシュバックについてご紹介します。

結論から言うと、どんなときもWi-Fiはこれ以上安くなるようなキャンペーンやキャッシュバックはやっていません。

 

料金プランには、もともと2年割が適用されているので、それが唯一のキャンペーンになります。

 

どんなときもWiFiはわずらわしいプロバイダ選択は不要

WiMAXであれば、多数のプロバイダから選ぶことができます。

そのため、いろいろなキャッシュバックやクーポンなどを提示してくるので、どのプロバイダで契約しようか迷ってしまうかもしれません。

 

ですが、どんなときもWiFiの場合は公式1つで運営しているので、他のプロバイダが取引をすることはありません。

こうしたシンプルさもどんなときもWiFiを選びやすい理由の1つだと言えます。

 

月額3,280円のお特割キャンペーンは終了!

2019年3月のサービス開始時は、月額3,280円で利用可能!というキャンペーンを行っていましたが、現在は終了しています。

2019年4月末までのキャンペーンだったので、2019年5月以降に利用の方は月額3,480円から利用できます。

 

どんなときもWiFiは量販店などの店舗で申し込める?

どんなときもWiFiは、公式HPからのお申込みが基本となっていますが、店舗での申し込みはできる気になりますよね。

端末の大きさや重さなど、実際に手にして確認したいと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、現在どんなときもWiFiは量販店などでは取り扱っておらず、ネット申し込み限定サービスとなっています。

自社ショップもないので、店舗では申し込めないと覚えておきましょう!

 

どんなときもWiFiは海外でも手続き不要で利用可能!

どんなときもWiFiの大きな魅力の1つに、世界107ヶ国で手続き不要でそのまま使用できるという点があります。

海外に仕事や旅行で行くときに、スマホの設定を変えたりもともと持っているWiFi端末のレンタル手続きをしたりなどいろいろ面倒なことが生じますよね。

費用負担もどれだけなのかわからなくて不安!という人も多いと思いますが、どんなときもWiFiであれば、手続き不要です。

 

海外利用時も1日1,280円から利用可能で、使った分だけの料金となります。

なので、借りた日や帰国して返却するまでの日数は利用料金として加算されないのでかなり魅力的です!

また、もしも海外で通信トラブルが発生したとしても、カスタマーセンターとのやりとりで遠隔操作してくれるので、安心です。

 

海外利用についての詳しい解説は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

関連記事:準備中

 

-どんなときもWi-Fiの料金・解約

Copyright© 【ホンマに買うの?】どんなときもWi-Fiの悪い評判・12のデメリット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.